天塔★モトクラシ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
北京に行ってきました。 田舎モノにとっては、北京ってホント疲れる。。。感じ悪い人が多かったり、ボラれたり、道に迷ったり。。。乗ったタクシーがすごい暴走運転で、よく見たら運転手の顔面ピクついてて、目もイッちゃってて、時々ヒヒヒッって笑ってたリ。。。こ、恐かった。

今回の目的は、巨大なお茶の問屋街 『馬連道』 に行くことでした。 この通りには巨大なお茶城が3つか4つ、それぞれ中に200くらいのお茶屋さんのテナントが入っています。さらに周りに小売店がまた何百軒もズラ~ッっと並んでいます。とにかくお茶、お茶、お茶。。。茶器、茶器、茶器。。。もう、いいよっ!と言いたくなる! 圧倒されて買う気がうせてしまうほどです。 お茶好きな人にとってはワンダーランド、そうでない人にとってはどーでもいい場所。



         馬連道

         馬連道2

         
ま、こんだけ店があっても同じよーな店ばっかりなんですけど、細かく見ていくと掘り出し物があるわけですョ。 同じような商品が置いてある似たような雰囲気の店ばっかり。。。コレは中国のお店全般に言えると思うのだけどね。 その中にキラリと光るモノやお店が! 紫砂急須の値段ってピンキリ。自分の目で品質を見極めてその商品にふさわしいか判断しなければならないし。 とにかく根気が要ります。先生のところで教えてもらったことが、だいぶ役に立ちました。 お茶や磁器の種類とかも、少し知識があるとお店の人が言っている事もわかってちょっとウレシかった

kobutaの機嫌を取ったり休憩させたりしつつ。。。思いどおりには動けなかったけど、なかなか収穫あアリでした! 天津では手に入らないものも見つけられたし、天津にあるものでもかなり安く買えました。

ココの他にはkobutaのためにSONYの科学博物館?に行ったり(ご機嫌取りデス)、coupyちゃんオススメのイタリアンふんぬーさん絶賛の江戸前寿司でご飯食べたり。。。どっちも最高! 北京まで来ると美味しいものがあります。 

後海や南鼓楼巷、茶芸館にも行きたかったのに時間切れ。。。私達にとってはラスト北京だったのでそれが心残りだけれど、心残りがある方がいつかまた来れるかも知れませんよね?

スポンサーサイト
最終日は早朝に出発。 空港で食べたカヤトーストセットがサクサクで美味しかった。カヤジャムって、ココナッツとタマゴ、砂糖、パンダリーフ(?)で作ったもので、バターとカヤをサンドしたトーストはシンガポールのローカルフードなのです。
コピ(練乳コーヒー)と半熟卵(かなりゆるい)も定番のセット。 お皿やカップも可愛くて、いつかまた来た時には、こういうの買いたいな。。。オットにえっ!?次があるの!?と笑われたけど、オットもまた来たいと思ってるみたい。日本に本帰国したら海外旅行なんてそうそう行けないと、わかってはいるけどね。


     カヤトースト



シンガポールは、セントーサ島、イルカに触れる公園や水族館、チャイナタウン、マレーシアに行ける鉄道、ライトアップされる噴水のショー。。。まだまだ見所があるし、いつかまた来れるよう。。。頑張ろ~っと。


5日目

次の日は再びシンガポールに戻って、ホテルにへ。 また午前中からチェックインできたのでラッキー!

       ランデヴーホテル


このホテル、けっこうお値打ちだったんだけど、スゴク良かった。 外観はこんな感じだけど中はクラシカルで高級な感じ。インテリアも趣味がよくて素敵だし、ホテルの人も親切でテキパキしていてサービスも設備もいい。 しかも駅や観光地に近くて便利! いつかまたシンガポールに来るなら、絶対またココに泊まるよ。 シンガポールの人ってマナーがよくって親切。写真撮ってると必ず後を通ってくれるし、込んでいる場所でほ~んのちょっとぶつかっただけでもSorry~って言うし。天津だったらドカッとどついても、よっぽど転ぶとかしなかったら気づきもしないよね。 エレベーターの乗り降りもちゃんと譲ってくれる。当たり前かもしれないけど、天津に暮らしている私達は感激!天津人の暑苦しいくらいのコテコテの親切じゃなくって、スマートな親切っていいよね。 


ホテルの前のフードコートにて、お昼ご飯。
インド料理、中華、タイベトナム系、フルーツバー。。。何でもあるんだけど、私は好きなオカズを何種類か選んでご飯にのせるのにしました。

       フードコート


インドカレーとインゲンの炒め物、玉子焼きをチョイス。 スープつき。  こんなので350円くらいだから、今回旅の食費はスゴク安かった。 



午後は、kobutaのリクエストで地下鉄に乗ることに。
行き先はリトルインディア。 インド人街です。
駅をでると、香辛料の臭いがぷ~ん。 インドのサリーを着た人がたくさん歩いていて異国情緒満点!そこらじゅうでナンを焼いていて、カレーも好きなのを選んでかけてもらえるみたい。 みんな手で食べてたよ。 私達はお昼を済ませた後だったので残念。 マサラティーだけ楽しみました。


       インド映画のポスターがいっぱい




ムスタファセンター。 ディスカウントストアみたいな感じかな。香辛料もお菓子も食器も洋服も何でも揃う! 安い! もう大胡同や曙光里なんて目じゃないよ。品質もいい!

    ムスタファセンター


私は、マサラティー用の香辛料セットと茶葉、ホームパーテイに使えそうなカラフルなプラスッチクのお皿やフォーク。。。kobutaのお誕生日会に配れそうなプレゼントもココでGET! レトルトのカレーやパームシュガー、手当たりしだい購入。オットとkobutaはマーライオンTシャツやら文具やら。。。

ホテルで休憩して、お風呂も済ませて帰ったらすぐ寝られるよう準備。
夜はホテルから歩いてすぐの、ブギスストリートへ。 kobutaもお祭りみたいだね~と、気に入ったみたい。この奥にお店がずっと続いていて、ちょうどアメ横みたいな感じ。 お値段も半そでワンピが700円くらいだから、品質を考えたら、曙光里よりお得かも。

       ブギスストリート



カラフルなフルーツジュースが売っていて、オットが買ったパイナップルジュースがウマ! 熟れ熟れのフレッシュパインをそのまま絞った感じ! kobutaはドラゴンフルーツのジュースをチョイス。 ショッキングピンクの凄い色だったけど、それも美味しかったです。 Tシャツ、ワンピース、お菓子、キーホルダー。。。それぞれ好きなものを買ったあと、またホーカーズで食事。

行列の出来ているお店があったので、並んでみることに。

       キャロットケーキ


後から調べたらキャロットケーキっていうものでした。大根餅ならぬにんじん餅のスクランブルエッグ。
これもピリッと辛くてビールが進むぅ。 オイスターオムレツともちょっと違って、むにょ~っとした食感がグー

ホテルに戻ってkobutaが寝てからそ~っと、ホテルの下のパブへ。 カクテルなんて頼んじゃったりして、オットとふたり、ほんのちょっとの間だけ大人の時間を楽しみました。



Rendezvous Hotel : http://www.rendezvoushotels.com/singapore/とにかくオススメ。立地よし、インテリアもお洒落で設備(コンセント、アイロン、アメニティー。。。)もいい。サービスもスマート! 下のオープンエアの吹き抜けのスペースに、カフェやパブ、が数件。コンビにも。私達が入ったPUBULIC HOUSEはピザがすご~く美味しかったです。
4日目

kobutaにとってはラグーンプールがあるファミリー向けの方が楽しめるかな。。。と思い、午後は別のホテルへ。

ところが、ココが最悪。 いわゆる大型ホテルで、サービス態度最悪、部屋も食事もイマイチ。。。オットと私はまさに夢から覚めたような状態に。 テンションがみるみるうちに下がっていったのでした。 広くてにぎやかな雰囲気がkobutaは気に入ったみたいでしたけど。 海だけは最高!でした。


         
私達の他に誰もいないホテルのビーチ。 

    海青い!






         海にて



海だから水泳帽は要らないのに、これをかぶっていないと不安らしい。脱ぐといきなり溺れそうになるのが笑えた。 浮き輪機能つき?



夕方、ホテルの外に蟹を食べに行きました。
クリスピーな衣が着いた揚げた蟹。 3人でむしゃぶりついて食べたよ。

その30分後、まず私の具合が悪くなり、続いてオットが、次の朝にはkobutaまで。。。おなじみ食あたりでした。 中国でいつもお世話になっている薬を持ってきたのでそれぞれ2時間位で復活! 慣れたもんだわ。トホホ。。。 おそらくというか、確実に蟹にあたったのだけど、あんなに美味しかった蟹のせいだと思いたくないオットは、絶対ホテルのウェルカムドリンクだっ!!と言い張っていました。

フェリーに乗って一時間。 やってきたのは。。。


ビンタン島でした。

    ビンタン島海








ホテルの部屋。午前中からチェックインできたので、ノンビリできました。
 
    ビンタン島ホテル




部屋の窓からの眺め。

           窓からの眺め




目の前にプール、そのすぐ向こうに海!

           ビンタン島プール








     かえる



いつも貧乏旅行をしている私達にとって、美しすぎる世界にウットリ。。。スタッフもみんなエレガントで、 何か頼むと『イエス、マダ~ム』って。もう夢心地。

このホテルはスパがとくに有名。 kobutaを海であそばせつつオットと交替で行ってきました。 オープンエアの美しい部屋で、波の音を聞きながら。。。  アロマの香りにすっかり癒されました。 しかも『マダ~ム?』だもの。そりゃあもう! こんなステキなサービスに見合うエレガントな女性になりたいなあと、つくづく。。。だって、どこを切り取ってもステキなこのホテルで、イケてないのは唯一私達だったし。 英語で聞かれているのに返事は『ドゥイ!』って。。。ダサすぎ。

夜は、テラスで星空を眺めながらのイタリアン。もうステキすぎ!
次の日も朝から海&プールざんまい。ヤドカリも捕まえたよ。
茂みにはリスも! 





Angsana Spa&Resort : http://www.angsana.com/ お昼に食べたレストランも美味しかったし、朝食ビュッフェもとても良かったです。 プールサイドにいるとフローズンフルーツのサービス。部屋にはミニギフトが置いてあったり、ベッドメイクの人が子供にちょこっとプレゼントをくれたりしました。

kimuchi

Author:kimuchi
ただいま♪
温泉天国、田舎暮らし。
ときどきチャイナ、中国茶。
そんな日々です。

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。