天塔★モトクラシ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウーさんにピータン粥をもらいました。
前に作ってくれたお粥が美味しかったな、と思って、美味しかったね、アレ。。。と言ったら、わざわざまた作って持ってきてくれちゃった。エヘっ。言ってみるものね~~。
20060925204806.jpg

今日もムチャムチャ美味しいかった~~
具はピータンと豚肉と葱。ダシがきいていて癒される味~~。夫もちょうど帰宅してきたので、みんなで熱々を食べられました。ウーさんのお粥や、おばあちゃんの麺や焼き餃子、お隣の食堂のおばちゃんが作る包子。。。。中華でも、家庭の味はやさしい味がするなぁ。

最近ウーさんは、中国語教室でお料理を教え始めたそう。
『ワタシ、オリョウリ、ジョウズ!!』と楽しそうに話してました。
スポンサーサイト
先日ゆうさんが、窓の外から『ニーハオ』と言う記事に書いていた窓掃除のオッチャンたち、我が家の窓にもやってきました。
madosouji.jpg

ほんとだ~~。 このオッチャン達ロープに付いている板に座っているだけです。ベルトを胴体と股の所にしてるけどゆるゆる~~。そのベルトだって中国製だろうから壊れないとも限らないじゃない

そんなんで24階からぶら下がり窓と外壁も掃除をしてくれてるの。

こっちのオッチャンなんて足で壁を蹴り、宙をぶ~らぶ~ら~~。
madosouji2.jpg

この雑技団ぶり、思わず激写してしまいました。

それにしてもこの人たち、大声で話してるし、時々笑い声までしてますョ。見ているこっちがドキドキなのに~~。

オッチャン達よ、頼むから落ちないでね。早くこの作業が無事終わりますように。
最近自転車で学校に通っています。 中国人の自転車の群れに加わっておっかなびっくり。。。
誰かにぶつかった日には、モーレツに怒鳴られるか殴られるんじゃないかと思い、ドキドキです。(←そういう光景は何度か見たことがあるので。。。)

そんな今日この頃ですが、本日交差点の斜め渡り に成功しました!!
信号が赤になった後、左折車だけが進める矢印信号に変わるのですがそのときに、自転車も一緒に交差点を横切って曲がれるのです。

自転車レーン含めて3斜線 × 2の大きな交差点を斜めに渡るのって。。。

爽快! 気持ちい~い!! 

しかも、二段階に分けて渡るよりずっと安全だってことが判明。

中国では赤信号でも、右折車(中国は日本と斜線が反対で右側通行)は曲がっていいルールになっているので、歩行者&自転車はたとえ自分の信号が青でも気を抜いていると右折車に轢かれそうになるんだもの。

こんな記事を書くと親が心配すると思うけど、ちゃんと気をつけてますから安心してくださいね。それに、一人ではなく同じマンションに住む、先に斜め渡りをマスターした師匠と一緒。一人だとちょっと恐いもん。。。
二日目は景山公園&鼓楼付近を散策に出かけました。景山公園は工事中でせっかく入園したのにほとんど見所なし。本当は故宮から天安門まで見渡せる絶景スポットなはず。。。だったんですけどネ。気を取り直して胡同へ向かいました。写真は南鑼鼓巷という胡同。胡同というのはモンゴル語で横丁という意味だそう。ノスタルジックな老北京の面影を残したエリアです。
beijing6.jpg beijing8.jpg

この通りは欧米人の観光客が多く、カフェやバックパッカー御用達といった趣のアコモデーションも数件ありました。写真(下)は東堂客棧という宿。3人なら一人70元で泊まれます。ちょっと覗いてみたけど、スタッフの感じもよく清潔そう。十分許容範囲内です。


↓ は路地の入り口付近のお店。子供の頃に見たような懐かしい風景です。小さな籠にコオロギを飼っていて、その鳴き声につられて思わず覗いてしまいました。このお店でで陶器の壺のような容器に入った飲み物を購入。中は飲むヨーグルトでした。かなり濃厚で美味しい。パッケージの可愛さにもヤラレタ~。
beijing7.jpgbeijing.jpgbeijing2.jpg ←クリックしてみてね。


もうちょっと歩いていくと今度は、奶酪店?  中を覗くとショーケースに牛乳プリンみたいなものがズラーリ! 中国に来てから一回も見たことのなかった杏仁豆腐も発見! 牛乳系ChineseSweetsのお店のようです。右写真の手前のは、アンコとカッテージチーズ(生クリーム?)の渦巻きちゃん。
カッテージチーズの部分が甘くないので、アンコ一緒に食べるとちょうどよくって美味しい~~~。見た目も可愛くって嬉し。
beijing5.jpgbeijing3.jpg
beijing4.jpg


昨日は大都会北京に圧倒されたけど、ここはホッと落ち着きます。天気も良く絶好の散歩日和でした。が、。。。ここでkobutaの疲れた~が始まり、いわゆる四合院という古い建築様式が見られず。。。湖沿いのエリアにも行けませんでした。残念。季節のいいうちにもう一度来たいもの。故宮や万里の長城といったスタンダードなコースもまだ行ってないので、今のところ、北京に来たぞ!っという写真が一枚もありません。

naporitan.jpg
↑ オマケ (青竹園というB&Bの食堂にて。日本の喫茶店で食べるようなフツ~のミートソースが今は嬉しい!)
半年以上中国にいながら、北京に行ったことがなかった私たち一家。週末ついにデビューして参りました。

天津以外の中国を知らなかった私は天津=中国だと思い込んでいたので、かなりバカにしていたんですけど。。。中国の皆様、スイマセン!大間違いでした。 北京は天津とは天と地の差。街もタクシーも綺麗だし、唾を吐いている人も、そこらでオシッコをしている子供も、でっかい声でしゃべっている人もいない~~。大都会ぶりに圧倒され、自分はなんて田舎者だったんだ~と、軽くショックを受けてしまいました。

中国の電車ももちろん初めて~~。
eki2.jpgdensya2.jpg
densya.jpghiraiken.jpg ←天津の平井賢!? 

一日目は、駐在員奥様の定番コース、スウェーデンの家具屋さんIKEAへ。広くて目移りしてしまい、ベッドカバーとフックを買ったのみ。

お昼は鼎泰豊という台湾の小籠包のお店へ。料理家のウーウェンさんお勧めだそうですが、溢れ出すあつあつのスープが絶品~!って、本当でした。数量限定の海鮮を注文したのですが、感動モノです! 蟹味噌入りのも食べたかったなー。また来るべし。
syouronnpo.jpgsyouronnpo2.jpggoldencyahan.jpg

同じ中国でも、天津では味わえない洗練された料理の数々。店内の様子や店員さんの立ち振る舞いも天津とは違うぞ~~。

夜は、耳ツボマッサージなるものに行きました。日本のセレブ~な雑誌『美的』の別冊、『北京・杭州スロービューティーの旅』に載っていた天河良子というお店。なんと雑誌に載っていた方が担当してくれました。耳30分プラス顔面、頭、首、肩で計60分、90元。天津に比べると高いし、込んでいるのでさっさと追い出されるのが難点だけど、頭と首まわりがスッキリしました。足の裏にカッピングをしている人や、専門の器具を使った耳掃除(耳垢がそうとう出るらしいアレです)をやっている人もいました。なかなか魅力的なメニュー。やっぱり都会は違うな~~とここでも感心することしきり。。。
天津はすっかり涼しくなってきました。今日も朝は肌寒いくらい。空も済んで見えます。つかの間のすがすがしい季節~♪

中国語学校の新学期も始まっています。今回は初級2班上がりました。ひとつ上がっただけなのに、内容はかなりレベルアップ! クラスの雰囲気もちが~~う。冗談が飛び交ってた1班とはうってかわって、緊張した雰囲気なのです。習った文法で例文を作る練習でもまじめな文ばかり。その例文じゃあ先生も突っ込めないだろう。。。などと心配したけど、そんな心配は無用だったよう。先生の方もサクサク進んでいきますぅ~~。 脳味噌フル回転で頑張らないとついていけないよぅ。

ともあれ、さわやかな天気と新しい環境で少しワクワク。。。♪

午後はバスで天津駅へ。 週末に家族で北京に1泊旅行なので、電車の切符を買いに行ったのです。駅まで行くと旅気分が盛り上がります。空港とか天井の高い大きな駅の、ワクワク感ってたまらない!!ドキドキの切符購入も、前もって列車番号などを調べて書いてきたのでスムーズに済みました。最初窓口がわからずウロウロしたけど、問問処モンモンどころ?”を発見。ハハァ~、これでインフォメーションなのね~!わかりやすいわ~、と思いながらそこに直行。すぐに教えてもらえました。

切符購入後は、何かやり遂げたような妙な達成感! ほとんど子供のようですが。。。今日はこんな感じで地味に楽しい日でした。

中国に来てはじめての電車。←もちろんこんなんじゃないだろうけど、kobuta喜ぶかな? 
最近、桃が美味しいので食べまくってます。なんと、一個50円くらいで買えるの。何種類かあるみたいで硬いのやら、じゅるじゅるとやわらかいのやらいろいろだけど、どっちも甘くて美味しい!

ところで、天津では珍しい南国の果物もよく見かけます。

写真はマンゴスチン(であってます?)とドラゴンフルーツ。普通にスーパーや市場に山積みになって売ってます。
20060707065904.jpg

どちらも最近は日本でも買えるけど、ウチのジじーじ&ばーばは知らないので一応写真を載せます。
20060707065914.jpg

こちらがドラゴンフルーツ。ごまつぶ入りの,美味しくないスイカみたいな味。
生のライチも、ランブータンも、なんとドリアンまでごろごろ売ってるよ。
本日の夕飯はカツ丼でした。私の場合日本ではカツ丼はスーパーBercで買うもの。6時以降になると450円のお弁当が半額になるので、それをねらってGET!!みたいな。
そのカツ丼が無性に食べたくなったけど天津にベルクはない! で、自力で頑張ったというわけ。トンカツを揚げてから卵でとじるという工程は長かったよ~。 トンカツのまま食べようかと一瞬思ったけど初心を貫きました。ちょっと息切れ せめて出来合いのトンカツからスタートなら楽なのに。。。(←まったくどういう主婦だ) 
そして夕食時、久々のカツ丼を見たオットの一言

おお~っ!! ベルク弁当じゃないか! 

案の定大うけ! 喜んでました。そういう喜び方もどうかと思うけど。。。ねぇ? 

冷凍食品も、お惣菜もスーパーにあるし、お弁当もプリンもコンビニで買えて、美味しいケーキ屋さんも、ファーストフードやファミレスもある。。。食べたいときに食べたいものがすぐ買える。。。そんな日本と比べると、こちらの生活は本当に不便。 たいていの食べたいもの(日本で食べ慣れていた様な)は自分で作らないことには食べられませんからね。だけど逆に、何か作ると家族がすっごく喜んでくれる。。。それは天津にいるからこそだな、とも思います。
こんなのが天津で食べられるとは思わなかったでしょ?でしょ?  うん、うん、って(半分強制的に言わせて?)盛り上がったりしてます。

主婦としてこの料理&家事能力はまずいのでは?と思ってたところ。この数年の天津生活を修行だと思って頑張ろ。

kimuchi

Author:kimuchi
ただいま♪
温泉天国、田舎暮らし。
ときどきチャイナ、中国茶。
そんな日々です。

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。