天塔★モトクラシ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
通りのあちこちにこんなフラッグが登場。 街には警官がウロウロ。。。 明日は天津で聖火リレーが行われるのです。  そしてオリンピック開幕も間近!



         hata.jpg

なのに。。。なのに。。。オリンピック開幕を目前にして、悲しいかな。。。私達は帰国です。

ここ最近は、部屋の撤収の準備&挨拶回りでバタバタと過ぎています。 明日は仲のよい友達と食事、そして夜は同じマンションのおばあちゃんが麺を作ってくれます。 (海南島にも一緒に行ったウーさん一家のおばあちゃんね。) 天津の食べ物で何が一番好き?と聞かれたとき、おばあちゃんの麺が一番美味しい!って、(コレ本当なんだけど)言ったら、最後にもう一度作ってくれるって




最後に、7日、10日と日本チームの予選があるオリンピックのサッカー場です。 オリンピックのフラッグも準備万端! 当日はここが人で埋め尽くされるのでしょう。  家から歩いていけるところだったと言うのに。。。

         サッカー場

来る前は涙だ出るほど嫌だった中国、来て見てもビミョーな街天津。。。なのにいつの間にか、私にとって大切ないとおしい場所となっていました。 天津の垢抜けないところや泥臭いところも、みんなひっくるめてスキとは違うケド。。。私の住んでいた街なんだって思える。 仲良くしてくれた友達と、天津の街の人たち。。。みんなの幸せと、北京オリンピックの成功を(笑)日本から祈りたいと思います。



最後にこのブログを読んでくださっている皆さま、ありがとうございました。 天津で書く記事はコレで最後になります。 バタバタとしていて最終回だと言うのにそっけない、まとまりのない内容になってしまいましたが、お付合いくださって嬉しく思っています。 
日本からも時々近況などを更新していきたいと思っています。 その時はよろしくお願いいたします。


再見!










 
スポンサーサイト
ずっと延びていた帰国日が急に決まり、バタバタ。。。    北京オリンピックのため荷物のチェックが厳しくなっているとかで、靴下一足までぜ~んぶリストアップしなきゃいけないんだって!   
しかも通関手続きのため?一週間~10日パスポートを預けなければならないことを知り大慌て!みんな知ってた? 日本から来る時はアバウトな内容(衣類×50)とかでよかったし、出発ギリギリでもOKだったのに。。。なんかメンドクサイよ~。 (よく考えたら以前coupyちゃんが同じことで慌ててたのを思い出したけれど。。。)  一昨日の夜そのことがわかって、夜遅くまで荷造りを一からやり直し。。。靴下も鉛筆もプラレールも。。。全部数えました。 そして今日荷出しが終わりました。  出発の日までギリギリの日程。 パスポートが戻ってくるかドキドキです。




         ダンボールの山


行きは10箱で来たのに帰りは50箱。 日本の家にコレだけの荷物が収まるのか。。。心配

そうそう、一昨日はまるちゃん企画で『天津思い出作りツアー』。 古文化街の横から出ている船に乗りにいきました。 あの辺りは町並みがきれいに整備されていて、船から見る天津は、いつも見ている天津とは違ってオシャレ~でしたよ♪ 船乗り場のデッキも、お台場に見えなくもないし。。。 とっても楽しかったデス。 私もkobutaも素敵な思い出が出来ました。 ありがとうね。

そして昨日は、四川料理やさんで、らんまんズの送別会をしてもらいました。 人数がだいぶ減っちゃったらんまんズなのに、今までどおり大きなケーキも買って来てくれて、プレゼントもくれて。。。嬉しかったです。  らんまんズの送別会が終わると、いよいよ帰るのだなァ。。。という実感が沸いてきます。  2年半前に天津に来る時始めたブログだけど、ブログをきっかけに、こんなに素敵な仲間が出来るとは思っていなかったし、こんなに仲良くなって、こんなふうに送り出してもらうなんて。。。まったく想像してなかったデス。 帰国したら、先に帰っているメンバーにも会えるし。。。関西方面のメンバーにもいつか会いに行きたいし。。。これからも続くお付き合いだと思ってます。 みんなありがとうね。 これからもよろしく。
ポン酢さんのブログを見て、私もこんな調味料を買ってみました。


       ドウチじゃん


冒険したつもりだったのに、開けてみたら意外になじみのあるお味。。。
まさに、麻婆豆腐です! ビリビリ痺れるのじゃなくて、おうちで作るようなタイプの。

さっそく、

  葱              塩
  生姜            鶏精
  豚ひき肉          醤油
  ニンニクの芽       水溶き片栗粉
  絹豆腐           仕上げのごま油   
         

を材料に、作ってみました。 味付けは主にこの調味料です。 
味は。。。豆板醤とテンメン醤で作っているいつものバージョンより美味しい!!
ドウチっていう、黒い納豆みたいのが効いている感じです。
夫もkobutaもいっぱい食べてくれました

コレはもう、麻婆豆腐の素と言ってもいいほどの手軽さ。 ぜひ、お試しあれ!
辛さは中辛かな。 足りない人は豆板醤を足せばOK
先生のところでお茶を飲んでいると、いろんな人が入れ替わり立ち代りやってきます。 中国人のお客さんもたくさん来ますし、なかには先生のお友達も。  お茶を囲んで座っていると、知らない同士でも、自然と話が弾んで。。。といっても半分もわからないのだけれど、楽しいひと時です。

先日、先生の友達らしいのですが松葉杖の女の人が、仕事にもいけないし、家にいても退屈なのでオシャベリにお店を手伝いに来たと言って座っていました。 『どうしたの?』と聞くと



地面に落ちていたスイカの皮を踏んで滑って骨折した。



だそうな。。。  スイカの皮が落ちてて。。。って、日本じゃありえないけど、天津ではよく落ちているので、何の不思議もないシチュエーション。 バナナン、バナナン ♪じゃないけど、本当にバナナの皮が落ちているのを見たこともあります。 他にもひまわりの種とか。  立ち食い歩き食いあたりまえ~&ポイ捨て没問題~!なので、 いろんなものが普通に道によく落ちているわけです。  しっかし本当に踏んで滑るとは!  いや~こんなことってあるんだな~~~♪ 面白いこと聞いちゃったと、人の不幸をちょっとおかしく思ってしまいました。
お茶の先生からのプレゼント。

ちっちゃな湯呑みがひとつ入るだけの巾チャク。 写真だと大きさがわかりにくいな~。
片手にすっぽり入る大きさなのです。
お茶好きな中国人の間では、テーマを決めてお茶や茶器を持ち寄る同好会のようなものがあるそうです。 例えば岩茶がテーマなら、自慢の大紅袍などを持ってきて振舞う。。。と言う感じ。 時にはネットで呼びかけた仲間が集まることもあるとか。。。 先日も教室にオジちゃんから若い女の子まで先生のネッ友が、いっぱい来ていました。 で。。。、そういう会に参加する時、コレにお気に入りのマイ湯呑みを入れて持参する。。。というものだそうな。 


         巾着



先生の一番お気に入りの茶器が入っていたのだけど、以前私が、『可愛いいですね~~。』としつこく言っていたのを覚えていてくれて、プレゼントしてくれたのです。 先生のお母さんの手作り。 

私はどういうわけか、先生が使っているものが欲しくなるという習性があり、何度か養壺中の急須や、取っておきの湯呑みを奪い取って買ってしまいました。(私がイヤなやつなのか。。。それとも商売上手な先生の作戦?) 今日はこの巾チャクまでもらってしまったのでした  

kobuta、今日が日本人学校最後の日でした。


全校のお別れ会では、前に出ての挨拶も大きな声で出来たよ。
昨日まで、クラスのお別れ会でプレゼントや手紙をいっぱいもらって、主役気分でむしろ嬉しそうだったkobutaも、今日は恒例の『大きくっても』の合唱が始まると、目に涙を浮かべてました。
先生も友達も私も、涙・涙・涙 。。。  

先生にも『kobu君、入学した頃は、ボクはいい。。。とか言って、ひとりでボーッっとしていたのにねぇ。。。今は毎日友達と楽しそうに遊んでますものね~~。こんなに変わるなんて!』と言われました。

えっ?変わったっけ?相変わらずめそめそヨワッチイけど? と思ったけど、
考えてみたら確かに、ちょっとづづ。。。ちょとづつだけど、たくましくなったかもしれません。  う~ん。。。少しは男の子っぽくなったかな。。。 ドッジボールや野球も、ドンくさいなりに参加して楽しそうにしてるもんな~~。 以前、担任の先生に『kobuくんは優しくて癒し系ですよね。。。kobuくんはミンナからも優しくされているんですよ。』って言われたことがあるけど、ここ最近友達や上級生と一緒にいるところを見て、ほんとだなァ。。。ミンナに優しくしてもいらっているんだなァ。。。 と思いました。

そうそう、歌の時号泣してた女の子が帰りがけに、kobuくん大大大~~ス。。。
って言いかけて、え~っ!?大胆! って思ってたらkobutaが
その話はいいよ! とスゴイそっけなくて。。。
そんな、ドキドキな場面もありました。


夕方は日本人ばかりが集まる夏祭りがありました。 kobutaもゲームの景品をたくさんもらって、友達と鬼ごっこもして。。。思いっきりはじけてました。  楽しい思い出が出来てよかった!
シェラトンの売店でこんなの見つけました。

   
     gumi.jpg


ベアの形のグミ。  まだ日本の製菓会社がグミを出してなかったころ、帰国子女の友達がくれたのと同じものだったのです。 今売っている日本のグミよりずっと固く、ぐに~~っと噛み応えがあるの。 でもそれが病みつきになる! 当時はスゴク珍しくて、大喜びしたものです。 その子がなぜか大量に買ってきてて、みんなにしょっちゅう配ってた覚えがあるの。 しばらくしてソニプラで売っているのを見つけて。。。それからしばらくして日本の製菓会社からもグミが発売されて。。。でも、これよりもっとソフトだったので、邪道だわ!と思っていたのでした。

     gumi2.jpg


アップで見るとクマの形をしているのわかる? カラフルで可愛い
ピアノのレッスンも最終回を終え、日本びいきの優しいお姉さん先生ともお別れ。
そして今日、ピアノも返しました。

急にガラ~ンとなった部屋。 

        ピアの



ピアノもkobutaと相性ぴったりないい先生が見つかってホントよかったデス。  のらりくらりとしつつも、なにげに楽しかったみたいです。 先生がkobuくんは音楽の才能があるっていっぱい褒めてくれたしね。 歌も歌ったし、好きな曲をリクエストして弾いてもらったり。。。

日本に帰ったら、また新しい先生を探さなきゃ。。。でも内心
ピアノを買うのは高いしできればギターとか安い楽器に転向してくれないかしらん?。。。と思っている身勝手な親です。  

絶対続けたいとか、うまくなりたいとか。。。何事につけても熱いところがないkobuta。 ただルーチンワーク大好き人間だから毎日練習してるっていう状態なの。 今の感じで淡々とでもいいから、続けられるなら買ってあげたいかな。。。 
北京で寄ったカフェ。



           神奇的杏仁





お目当ては、その名も  『神奇的杏仁豆腐』

           神奇的杏仁2




こゆくって、甘さ控えめで美味しかった

中国に来て初めて出会った杏仁デス。 本場中国なハズなのに、中国に杏仁豆腐ってないんですョ。
缶入りの杏仁ドリンクはあるんですけど。 (よくタクシーの灰皿代わりに、この空き缶が使われている。) あとはディンタイフォンの杏仁のカキ氷とかね。 だから正統派杏仁は初めて! 
中国・福建省武夷山九龍窠岩茶広
茶葉城③ 馬連道茶葉總公司市場 緑色市場


このお店は、大紅袍と青磁の専門店。 大紅袍は試飲させてくれます。 清香と濃香と2種類の大紅袍があって、私は清香は初めて飲みました。 色も薄くてちょっと大紅袍のイメージとはちょっと違う感じ。 濃香は何度も飲んだことがあるけれど、ここで淹れてもらったのは特に美味しい気がしました。

店の半分で茶器も扱っていますが、写真のような無地のシンプルな品揃え。 たしかに大紅袍に似合うかもね。。。と感心してみたり。  同じものを別の店でも見かけましたが、ここの値段の2~3倍もしていました。  この店ではあまり値引きしてくれませんが、逆に値段交渉のストレスなく安心して買えるような気がして、私はこういう店が好きです。  会計時に40元くらい引いてくれたり、飲杯を一個プレゼントしてくれたり、気持ちが嬉しかったデス。




            茶器3




         茶器4


色はブルーのオフホワイト、淡いグリーン、淡い黄色。。。他にもあります。

お店のお姉さんは木村カエラ似。 大学時代のクラスメイトに日本人がいたとかで、日本によい印象を持ってくれていて、とても親切にしてくれます。 知っている日本語を全て披露してくれます。。。ほんのちょっとでも(意外にいろんな単語を知っていて驚くのですが)嬉しいですよね。 
ひとつ前の記事で太字で書いた、茶城内のオススメショップを紹介~~。
興味ない人はつらいマニアックな内容です。 お付合いくだされ~。


茶葉城①北京馬連道茶城2階
芸鴻齋  HP はコチラ


茶芸関係の書籍を多く扱っています。 奥のテーブルで茶芸のレッスンもしていて、北京在住の日本人太太も習いに来ているそうです。 値段は質に対して高めだけれど、台湾製やデザインのよいものがある。 しっかりセレクトされたものだけが並んでいるという印象です。 景徳鎮のカップ、台湾製の茶壺は天津にはないオシャレな品揃えですよ。
可愛らしいギンガムチェックのチャイナブラウスの店員さんは、外国人慣れしていて対応もスマート。 

アンティーク風のブルー&ホワイトの茶器とお花の形のコースターを買いました。


        茶器




      茶器2





基本的に値引きはないです。 買ったものの合計から10元引いてくれるとか、その程度。 オリジナル商品は高めです。 実はこの飲杯も少し高いので散々迷っていたんです。 何回も店を出ては戻ってきて。。。手にとってはため息をつき。。。  そしたら内側に小~さな黒い点が付いているのをいくつかPICK UPしてきて、少々難アリなのでこれなら40元引きでいいですよ。。。もしあなたがよかったらですけど。。。って提案してくれました。 優しい! 



中国最大とも言われているお茶の問屋街、馬連道の攻略法です。  中国語が出来ないと交渉が難しい。。。品質と値段の相場がわからない。。。という点もあるけど、超カタコトでも大丈夫な親切に対応してくれるお店、シロウト外国人にも好意的なお店、価格設定がリーズナブルで品質がよい品を扱っているお店、信用できる(ぼってない、ふっかけてこない)お店を、私が知っているのは少しだけれど紹介したいと思います。 
ごく少数の方に向けて書いてます(笑)

■ 行き方

  地図では、北京西駅の南を見てください。 馬連道がすぐ見つかると思います。
     北京駅からタクシーで30分  料金34元程度。
     北京駅から地下鉄で軍事博物館下車。 
      そこからタクシーで10分 所要時間計30分 料金計16元

  ※馬連道『家楽福(カルフール)』というスーパーの前で下車。 
   この辺に大きな茶葉城が集まっています。



■ 茶葉城     馬連道 地図はこちら click★

  この通りのメインは大きな茶葉城(ビル)が3つ。 そして、その周りはまわりに小さなお店が連なって馬連道が形成されています。 小さな商店はいくつか覗いて見たけれど、品揃えが悪く割高。 茶葉城内にもそれぞれ何百ものお店が入っていますから、そちらを探したほうが効率的。



 茶葉城①北京馬連道茶城 

カルフール向かって右(北)隣。一番有名な茶葉城。 一番品揃えのバリエーションがあり、基本的な茶器、茶道具、備品が格安です。 茶芸六用などの小物もばら売りがあり便利。 北京馬連道茶城内おススメショップ:芸鴻齋、 春雷、 天月茶超市、 北京茶徳坊商貿公司       


茶葉城② 京ミン茶城 (ミンの字は 門の中に虫)

カルフール向かって左(南)隣。 カルフールから道一本渡った隣のビル。 3つの中では一番小さな茶城。 台湾茶器の『風清堂』あり。 紫砂急須のいい感じのお店も何軒かありました。 いつかまた行くことがあればゆっくり開拓したいな~。 茶城内おススメショップ: 台湾茶器の風清堂


茶葉城③ 馬連道茶葉總公司市場 緑色市場

②の対面。 こちらもかなり広い茶城です。 茶城内オススメショップは、大紅袍と青瓷のお店、中国・福建省武夷山九龍窠岩茶広


各ショップの紹介は次の記事で。。。
先日の北京が、ラスト北京のハズだったんだけど。。。 茶器がもっと欲しくなってウズウズ。 また行ってしまいました。 オリンピックが近づいた今、北京のホテルは料金が急にUP  なので頑張って日帰りです。。。

天津から北京までは新幹線もどきで1時間ちょっと。 でも駅まで&駅からお茶市場(馬連道)まで各30分、改札から乗り場までも混雑するので余裕を見て。。。等々 片道2時間半~3時間はかかります。 

今回行ってみたら、ずっと工事中で砂埃もうもう~~だった通りがすっかりキレイになっていました。 観光客はまず行かない場所だし、今まで人にオススメするのはどうかな? よっぽどお茶好きじゃなかったら厳しい環境かも。。。と思っていたんだけど、これなら大丈夫! でも、何千件もお茶屋さんがある場所に突然行ってもアワアワするだけですよね。 初めて行くと、どこから見たらいいのか。。。途方に暮れてしまいますよ~。 

そこで馬連道3回目の私が、その攻略法を伝授したいと思いま~す。


次回へつづく。。。

吉利花園で、香菜(パクチー)の種を買ってきました。
日本の家の庭に植える用。 

          香菜


たくさん植えたら、風が吹くたびニオイそうね。  近所迷惑かな~。 
中国茶の茶器。  梱包前に並べてみました。 こりゃひと財産だわ。


    
       茶器


         

こういうのって、いくつ持っててもどんどん欲しくなる。 買えば買うほど、あれこれ揃えたくなるよね。 しかもだんだん目が肥えてきて、だんだん高いのに手を出して行く。。。  恐ろすぃ~~。  実はまた買い足したくてウズウズしています。

kimuchi

Author:kimuchi
ただいま♪
温泉天国、田舎暮らし。
ときどきチャイナ、中国茶。
そんな日々です。

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。