天塔★モトクラシ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
実は入院中ずっと、とあるおバカな勘違いをしていました。

(診察時の会話 通訳さんがいます)
   医) はい、口開けてー。あー、これは、蚊のせいですねぇ。
 
   私) はっ??? ですか?

   医) はい。蚊のせいです。扁桃腺と肺が腫れてます。喉の奥に蚊のウミが見えます。

   私) ???? 蚊に刺されて熱がでるって。。。良くあることなんですか?
   
   医) そうですね。一週間点滴があるので入院してください。

と、これが、40度の熱でもうろうとしながら聞いた話。
なんでだろう~~? 口の中に蚊が入って喉を刺したのかな?とか、まさかマラリヤ?SARS?とか思いつつも、通訳さんが帰ってしまった後は聞くこともできず、かなり不安な夜をすごしました。
ところが。。。3日後。通訳さんに来てもらい、もう一度聞くと、なんと。。。

  はっ???そんなこと言ってませんよ。化膿性扁桃炎・肺炎ですよ。

  。。。。


まさか!!!! そう、
蚊のせい ではなく、化膿性。↑の会話の蚊のせい化膿性に置き換えてください。

コレ、マジです。本気で勘違いしてました。つまり、ただの扁桃炎&肺炎。 だって通訳さんのイントネーションがおかしいんだもん。こちらの日本語もちゃんと伝わってなかったみたい。しかも、ココは中国。多少不思議なことがあってもおかしくない。。。と思っちゃったんだもん。え~ん。自分のバカさ加減が嫌になりました。
スポンサーサイト

コメント

蚊のせいと化膿性。日本人でもハッキリ言わないと聞き間違えそうなくらい似てますよね。
だって話すときは「カノセイ」と「カノーセイ」。
仕方ないですよ~とフォローしつつ、実は笑ってしまいましたv-356

ところで、お化粧バトンなるものを回させていただきました。
よかったらお願いします。スルーOKです。

化膿性!?

復活されてきたようですが、まだまだゆっくりしてくださいね。私はらんまんズの日にゆうさんからこの聞き間違えのお話を聞いたんだけど、その時わたしは「蚊のせい」を「可能性」と間違ったんだと勘違いしてました。勘違いの更に勘違い(笑)日本語、難しいですね~。ではでは、お大事にね♪

実家に入院の話をしたら、もの凄く驚いてました。弟が留学したときや父や社員の皆さんも少なからず経験があるらしく、厳しいところだということを知ってるらしいです。イヤイヤ、本当にお大事にしてください。。。

よねキチさま

中国語の四声もだけど、日本語もイントネーション大事なのねー。絶対『蚊のせい』だったよー。バトンお受けしまーす。いま、前にもらった理想の男性バトンをやったトコなのでその後やりますね。化粧っけないからこのバトンは回っって来ないと油断してたワ。

lapakoさま

絶対、『蚊のせい』って聞こえたんですよ。
ダンナは、中国人は適当なこと言うなあー、と全然信じてなかったですけど、私はけっこう真に受けてしまいました。ゆうさんに電話で言って、それをまたミンナに言ってくれたみたいで、そのあと訂正が大変だったんだってさ。
そっかー。可能性ってのもあるね。うーん。日本語のイントネーションもけっこう大事なのね。

いぬのいえさま

中国は、たとえ病院でも厳しいよー。衛生面の感覚が違うもの。。。病院の汚い階段の踊り場ににゴザ敷いて寝泊まりしている家族とかもいてビックリだったよ。
ふと、なんで私ここにいるんだっけー?と不思議な気持ちになったよ。

退院おめでとうございます♡→ܫ←♡

勘違い 笑ってしまいましたww

それにしても 蚊にさされたわけではなくってよかったですね

アメリカでは 蚊から菌が移って死んじゃったりするから そんな話かと思って
ドキドキしてしまいましたょ(ノ´∀`*)アハッ

ほんと?

蚊に刺されてそんな大変なことになるなんて。。。ひえ~~。ありえない話じゃなかったんですね。しかもアメリカで?  『蚊のせい』じゃなくって良かった~。 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tenta.blog28.fc2.com/tb.php/179-9f790f15

お化粧バトン

coupyさんから『お化粧バトン』なるものが回ってきました。coupyさんありが

kimuchi

Author:kimuchi
ただいま♪
温泉天国、田舎暮らし。
ときどきチャイナ、中国茶。
そんな日々です。

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。