天塔★モトクラシ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日曜日は、元イギリス租界だった洋館の立ち並ぶエリアにお散歩に行きました。天津にもこんな場所があるんですね。足元の犬の糞を無視すれば、異国情緒満点で素敵なところです♪ オットが前から気になっていたという茶芸館を見つけ、入ってみました。
PICT0046.jpg

PICT0047.jpg

重厚な中国家具や骨董のインテリア。。。。なんか高そうなとか置いてあるし。。。敷居が高っ!ドキドキした~。
最初に好きな部屋を選びます。部屋によって値段が違うのでしょうねきっと。部屋を決めると扇に墨で書かれた仰々しいメニューからお茶の種類と等級を選びます。そして、チャイナ服の可愛らしいお姉さんが、鮮やかな手つきでお茶を入れてくれました。お湯を注ぎ蓋をして、急須の上からお湯をかけると、ポコポコと音を立てて、それがなんともいい感じです。
ゆっくりと流れる時間と雰囲気に酔って、うっと~り、まったり。
部屋中にお茶の香りが漂い、優雅な午後となりました。

20060108192428.jpg

20060108201729.jpg
私もTRYしてみました。
PICT0085.jpg


しかーし、雰囲気がいいだけあって、お値段の方がめちゃめちゃ高かったです。 私たちは中の下くらいのお値段の凍頂烏龍茶を頼んだのだけれど、室料も含めて440元(6000円)!!! 本当は飲みたかった特級阿里山なんて1000元(15000円)だったのでもちろん断念! 実は、仰々しい扇に書かれた値段を見た瞬間、ダッシュで逃げようかと思いましたよ~。

こういうとこは、お友達4人くらいで来て割り勘すれば妥当なお値段で楽しめるのですね。家族ではフトコロへのダメージが大きすぎ。。。けっこう楽しかったし、その時はかなり満足して帰ってきたけど、冷静になって考えてみたら、これってシェラトンのディナーブッフェより高いではないの。 もう二度と来ないでしょう。
夜は2元で買ったカップラーメンをすすりました。。
スポンサーサイト

コメント

素敵ね!

ポコポコって、いい表現ね。こちらにまで伝わってきます。
天津に行ったら、奮発したいわ。リストに入れておきます!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

茶芸館、初めてその存在を知りました。
お茶で、6000円は確かに高いですね~。
まぁ格式ある最高級な場所なので仕方ないんでしょうが、
私には無理だ~。
でもちょっとのぞいてみたい。複雑な乙女心です。(ぷっ)
天津にもいろいろ素敵なところがあって、
楽しそうですね。

素敵

写真みると 外観がすごく素敵ですねv-415

ほれぼれします~

高いって知らないで 入って よかったかもですね~v-360
高いけど きっとおいしい料理なんだろうな~~~

いいなあ~いきたいv-347

Tomobabykaさま yukoさま

そっかー、外国に長く住んでらっしゃる方は、中国茶の茶芸をご存知ないのですねー!日本でもブームになって、雑誌・TVなどでよく取り上げられてますし、茶器を持っている人も多いんですよー。
茶芸と言うのは、日本の茶道に当るもの。中国茶を、いかに美しく優雅に、香りを引き出すか。。。そのための手順があるわけです。このパフォーマンスが面白いんですよー。入れたお茶は、まず、聞香杯(香りを楽しむ杯)に入れ、飲杯に移します。聞香杯を鼻に近づけ、杯に残った香りを堪能するのですが、この香りに、やられます!! これですっかり中国茶の虜になりますよー。茶器も日本のとは違って、小さく可愛らしく魅力的。お茶の種類も豊富で、味も香りも様々。工芸茶といって、中から紅色の花が浮かぶのもあるんですよー。すっごく可愛いんです!
ちなみに、6000円~15000円というのはお茶(50g)の値段です。ナッツやドライフルーツのお茶請けが付いてくるけど、料理はないんですよー。

yukoさま

そうでしょー!のぞいてみたいでしょ。 そうして、ワナにはまってしまった私たちなのでした。 日本にも中国茶の茶房がけっこうあるので、帰国の際にはぜひお試しあれ。

Tomobabykaさま

ホント、知らないで入って良かったかも、です。満喫したし。
こういう失敗もたまにはネ!

つなきち様

ふっふー。実は茶器一式持ってるよん。じじ・ばばオットみんな中国茶ファンなのです。 情報交換しましょうねー。 

いぬのいえ様

奮発してみる?でも、もっと安いトコとか、いいトコがあるかもしれないから、探しておくね。 早く北京進出を果たさねば。。。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tenta.blog28.fc2.com/tb.php/56-fe105644

kimuchi

Author:kimuchi
ただいま♪
温泉天国、田舎暮らし。
ときどきチャイナ、中国茶。
そんな日々です。

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。